Projects / neurocam
About "neurocam"
The "neurocam" is a wearable camera system that detects your emotions. It automatically records moments of interest based on an analysis of the users brainwaves.

The analytics algorithm is based on the sensitivity vales of "interest" and "like" developed by Professor Mitsukura of Keio University and was co-developed with the neurowear team especially for the neurocam. The users interests are quantified on a range of 0 to 100. The smartphone camera is triggered to automatically record and save 5 second GIF clips of scenes when the interest value exceeds 60. The scene is saved together with timestamp and location, and can be replayed in the album function. Scenes can also be taken manually under the "manual mode". It can also be shared socially on Facebook.

The hardware is a combination of Neurosky's Mind Wave Mobile and a new customized brainwave sensor with the newest BMD chip. It transforms the smartphone into a brainwave analysis device + camera with the smartphone screen displaying scenes of interest as they are being recorded.
neurocamは、あなたのキモチを理解するウェアラブルカメラシステムです。頭につけたセンサーから脳波を解析し、あなたが「気になる瞬間」を自動的に記録してくれます。

解析アルゴリズムは慶応大学満倉准教授により開発された「好意」「興味」の感性値を基に、neurocamのために共同開発したオリジナル。記録しておきたい瞬間を「気になる度」として0〜100に定量化しています。気になる度が60を超えると、5秒間の短いGIF動画が自動的に撮影/保存されます。GIF動画には「気になる度」の他にタイムスタンプ、位置情報が記載され、アルバム機能から閲覧する、Facebookにシェアするなどして楽しむことができます。手動で映像を撮影するマニュアルモードもあります。

プロトタイプのハードウェアのベースになっているのはNeurosky社の脳波センサーMind Wave Mobileに最新版の「BMDチップ」を搭載した特注脳波センサーです。スマートフォンを側頭部につけ、脳波解析機兼カメラとして使用することで、まるで装着者の頭の中を覗いているかのようなヴィジュアルになっています。
Images
Future
In the future, we aim to make the device more smaller,comfortable and fashionable to wear.
We are also considering the addition of a "manual mode" and automatic "effect function" on the software side. The "manual mode" will enable emotion tagging to scenes, just like GPS information or time stamps that are tagged to photos. The "effect function" will automatically overlay filters and visual effects on clips based on emotions.
We also see potential usage cases for city planning, store development and are exploring other possibilities.

The "neurocam" is an extraordinary experiment that challenges the way future cameras can evolve and how humans may interact with such devices. The "neurocam" allows humans emotions to become integrated with devices, and we see this as a totally new experience. We believe that in the future, home electronics, facilities, services will seamlessly merge "thought" and "emotions" with the human body as an emotional interface, such as what the "neurocam" sets out to achieve.
将来的にはカメラ部分を独立させ、ウェアラブルデバイスとして洗練させていくことを目指しています。コンシューマー向け製品の他に、都市設計、店舗設計時の感性調査利用も想定しており、マニュアル撮影で任意のシーンでの感性(好き、興味、眠気、集中、ストレス)記録ができる機能や、感性の種類や強さで現像する(カラーフィルターやエフェクトがつく)ような機能も検討中です。

neurocamはカメラの未来形であると同時に、これからの機械と人間との関係を変える画期的な試みです。neurocamを身につけた人は、文字通りカメラと一体化します。自分の脳がシャッター機能を構成するソフトウェアの一部になるのです。これはとても新しい体験です。将来的には、多くの家電、多くの施設、多くのサービスがneurocamのように身体や思考、感情とシームレスになる”エモーショナルインターフェース”になっていくと私たちは考えています。
Contanct
If you have any questions or queries about neurocam, Please feel free to contact us at our Contact page.
>> Contact
neurocam についてのお問い合わせはContactページからお問い合わせください。
>> Contact
Project List
Facebook
Top